UA-131213754-1
 
  • PINO

猫が…入院拒み亡くなったコロナ患者の男性

こんにちは。シッターのNakasatoです。


表題にもありますが、先日熊本市で自宅療養中だったコロナ患者の50代男性が亡くなられました。

入院を要するほど症状が悪化していたということですが、男性は一人暮らしで「猫を飼っていて預け先がない」ことを理由に入院を拒否し続けていたということです。


(画像は無関係のものです)

悲しいニュースです。

猫ちゃんのご家族は、ぜひこのケースをご自身に置き換えて考えてみてください。

私も猫の飼い主の一人として考えてみました。

「入院しなければならないけれど、猫は置いていけない。

コロナ患者の自分が預けられる場所なんてどこにもない。」

そんなふうに追い詰められた時自分ならどうするだろうか?


私にとっては答えは簡単でした。きっとこの男性と同じ判断をするだろうと。


次はキャットシッターとしてどうするべきか考えてみました。

もしお客様が「コロナウイルスに感染し、入院するため猫のお世話をしてほしい」

そう仰られたら?


答えは出ませんでした。とても、とても難しい問題です。

もしもまさに今療養中でPINOにシッティングをご希望の方がお読みでいらっしゃったら、はっきりお答えすることが出来ず本当に申し訳ありません。


ステイホームで猫や犬を飼う一人暮らしの方が増えている一方で、万が一の際にペットの命を守ってくれる場所や存在が必要なのではないでしょうか。

しかしなかなか個人や民間では対応しきれない場面は多いと思います。


こんな時、一時的に保健所に預けることが出来たら…

例えば行政や市のセンターなどに面倒を見てもらうことが出来たら…

先日、日頃お世話になっている地元議員さんと意見交換する機会がありこんな懸念をぶつけてみたところです。


この問題は「今後起こりうる」のではなく「まさに今起きている」ことです。

ご自分が万が一の時、皆さんなら家族である猫ちゃんをどうしたいですか?

みなさんもぜひ一度、一緒に考えてみてください。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示