UA-131213754-1 PINO社長 避妊手術の日②

PINO社長 避妊手術の日②

PINO社長 避妊手術の日① の続きです。


術後のPINO社長は…

クリニックへPINO社長を預けてから約5時間、

「麻酔から覚めはじめましたよ」とのお電話をいただきお迎えへ。

一緒に預けたキャリーの中で、まだ朦朧としている様子でした。

頭を撫でると立ち上がろうとするのですが、ふらっと力が抜けるみたいですぐにぺたんと座り込んでしまいます😿。。


先生からは、

・思ったよりも皮下脂肪が厚かったこと

・子宮の位置が深いところにあったため予定よりも傷が少し大きくなったこと

・傷は内側だけを縫合していること

などの報告を受けました。

それから、

傷を舐めてしまわないようにお洋服を着せましたとのこと❗
かわいそうなんだけど洋服着てなんだか可愛く思えてしまいます。

てっきりエリザベスカラーをつけるのかな?と思っていたのでこれは意外でした😹

1週間後に傷の治り具合をみせてくださいとのことで、その時までお洋服は着たままにさせるそうです。


家に帰ってからもまだ麻酔が覚めきっていないようなのでストーブの前に毛布を敷いてタオルをかけ、寝かせてあげました。


まだ麻酔の影響でぼーっとしているようです。

ごはんは20時から解禁OKといわれているため、

お腹空いてるだろうけどもう少しの辛抱だよ…(´;ω;`)

もうすぐ24時間絶食中になるので、やわらかくて消化の良いご飯をあげる予定です。


今後は避妊によって太りやすくなることが考えられます。

カロリーのとりすぎや運動不足に気をつけてあげなければなりませんね。


以上、PINO社長の避妊手術レポートでした。

12回の閲覧

PINO キャットシッターサービス

​※業者による営業電話固くお断りいたします

<電話受付 9:00~21:00>

​011-312-0919

<メール受付 24時間>

札保動セ登録:第1686号(保管)動物取扱責任者:中里 真珠奈 登録年月日:平成30年12月12日 有効期限の末日:令和5年12月11日

© 2018 by PINO Catsitter Service created with Wix.com

当サイトにおける全てのコンテンツの無断転載を禁じます。

  • Instagram
  • Facebook
logo_index07.png