UA-131213754-1
 

PINO社長 避妊手術の日①

こんにちは!シッターのNakasatoです。


本日はPINO社長の避妊手術の日でした

これから避妊手術を考えている飼い主さんと猫ちゃんのために、どのような流れだったかをお話したいと思います。


現在生後約8ヶ月ほどのPINO社長。

本来女の子の避妊手術は早くて生後半年くらいから行うこともありますが、PINO社長は成長度合い等を相談の上、1月の末に行うことを予定していました。

ちなみにNyamiさんもこちらで生後半年頃、去勢手術をしていただいたことがあります。


避妊手術は基本的に予約が必要なクリニックが多いです(クリニックによります)。

前日は20時以降絶食ですがお水は与えてもOKとの指示をいただきました。

朝は元気に自分からペットキャリーへ入り、


どこへおでかけするの?といった感じ。

クリニックに着くと、まずは先生からどのような手術になるのか説明を受けました。

2~3cmほど切開してお腹を開け、子宮と卵巣を取り除くのだそうです。

図を示しながら説明していただいたのですが、人の子宮や卵巣とはまた形状が違うようで、Y字の細い子宮の先端両側に卵巣がついているそうです。

術後何事もなければ日帰りで帰れますよ、とのこと。


PINO社長を預かっていただき、あとは手術完了の電話を待つことになりました。


長くなりそうなので、PINO社長 避妊手術の日②に続きます😺

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

動物取扱業に係る改正動物愛護法施行

こんにちは!シッターのNakasatoです。 「改正動物愛護法」は令和元年6月に公布され、翌年6月1日に本格施行されました。 そして更に翌年の令和3年6月1日には動物取扱業(ペットショップ、ブリーダー、猫カフェ、ペットホテル、シッター等)に係る使用基準に関する規定が施行となりました。 (ちなみに来年の6月からは、マイクロチップ装着などが義務化されます) 今回施行された法律の具体的な内容とは? 犬に

  • Instagram
  • Facebook
logo_index07.png